前へ
次へ

腰痛の原因が日常生活に隠れている可能性

かつて成人病と言われていた病気があり現在は生活習慣病と言われるようになりました。理由として良くない生活習慣を続けていることが発症の原因だからとされます。また成人だけでなく若い人や子供でも良くない生活を続けていればなる可能性があります。病気には生まれたときから持っているもの、生まれた後健康的に生活していたのになるもの、そして生まれた後良くない生活習慣をした結果なるものがあります。腰痛に関してはどれに当てはまるかです。人によって腰痛になる原因は様々で、生まれたときに原因を持っている人や健康的な生活をしているのになる人もいます。ただ一般的に起こるものは生活習慣によるもので、気づかないうちに悪い習慣を続けているからかもしれません。お酒やたばこや寝不足などが原因になることもありますし、暴飲暴食で肥満気味になると腰に痛みが出やすくなります。運動は体にいいとされますが、間違った動作を続けることで腰に負担がかかり痛みの原因になることもあります。

Page Top